公益社団法人二本松青年会議所

事業報告

REPORT

HOME  >  事業報告

【創立45周年記念事業】バレーボールフェスティバル~夢限大の未来への架け橋~

【創立45周年記念事業 第一弾 報告】

6月9日(土) 二本松市城山総合体育館にて、

「創立45周年記念事業バレーボールフェスティバル~夢限大の未来への架け橋~」を開催しました。

安達圏内の中学校8校、高校2校と成蹊高校のバレーボール部に参加していただき、プロアスリートとして活躍するサントリーサンバーズの酒井大祐選手、米山達也選手、加藤久典選手に直接指導して頂きました。
また、各校の生徒が混合でチームを作りプロ選手の方も生徒に混じって、一緒にゲームをする貴重な経験をする事が出来ました。

生徒たちは、真剣に指導を受け、ゲームの中ではプロ選手や他校の生徒と一緒に楽しくプレーをしていました。
今回の事業を思い出に、ものごとに取り組む意欲や気力といった強い気持ちを持ち、これからもスポーツや学校生活、心への成長の良いきっかけににしてもらえたら幸いです。

スポーツを通して、若者のパワーや好きな事に取り組む姿勢に、私達も刺激を受けました。